« ローマ亡き後の地中海世界 | トップページ | PC講習会 »

2009年9月 2日 (水)

民主党と自民党

新進気鋭の経済学者小幡績先生の分析。

両者の対立軸は東と西の対決とおっしゃる。

自民が粘ったのは、東海以西。これは、島田裕巳も指摘している。これまで、実質的に豊かだった地域、政治力を生かして生き残ってきた地域だ。これまで、つらい歴史を背負って来た、東側は、いよいよ逆転するときがきた、ということか。

もうひとつ、重要なのは、議員のキャラクターの違いである。自民党は、中小企業のオーナー。酒飲み友達として付き合うのは、楽しく、人間的魅力もあるが、庶民の気持ちはわかりようがない。だから、組織もばらばら。皆が一国一城の主で、自分が総理になると思っている。

民主党は、サラリーマンの集まり。だから、上司の愚痴をつい、外にも言ってしまうが、実際には、まじめで、大きくは裏切れない。人間的魅力、野生的な魅力はないが、相対的には誠実で、庶民と同じような行動パターン。今の草食系ブームには、ぴったりだ。

2年後の参院選までには、とりあえずの結果が出るだろう。

|

« ローマ亡き後の地中海世界 | トップページ | PC講習会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/46099520

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党と自民党:

« ローマ亡き後の地中海世界 | トップページ | PC講習会 »