« 地区公民館総会 | トップページ | 散髪 »

2009年4月10日 (金)

若松進一さん講演会

090410_wakamatu若松進一さん。Wikipediaにも独立した項目で登場する観光カリスマ。
上手に相手を褒めながら、地域づくり、コミュニティの大切さを説く。
長年の実体験に根ざした内容は、いつも含蓄に富んで興味深い

自分は話が上手いと自称する人は、結構エーとかアーとか、頻繁に出てきて聞きづらいことが多い。

エーとかアーとか全く出てこず、構饒舌すぎず、飽きさせず、常にきちんと準備をして喋っている証拠喋りたい人でなく、喋って欲しい人。

活気のあるまちづくりには、経済的視点も必要と説く。
仕事があって住民の定着あり、まちに活気が出る。

次いで、地域住民の質を問う。

  • 人が集まるか
  • 時間が守れるか
  • 公衆トイレが綺麗か
  • まちなかに花が咲いているか

これらは、住民の地域に対する恩返しの証とおっしゃる。

  • 変えてはならないモノ
  • 変えなくてはならないモノ。

この二つを踏まえながら、地域コミュニティーに関わりを持ち続ける。
公民館にとっての大きなテーマの一つやろうなぁ。

|

« 地区公民館総会 | トップページ | 散髪 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/44647194

この記事へのトラックバック一覧です: 若松進一さん講演会:

« 地区公民館総会 | トップページ | 散髪 »