« なっそ | トップページ | 点前-てんせん- »

2008年6月28日 (土)

資本主義と自由-ミルトン・フリードマン

080628_friedman帯に世界の構造改革のバイブル
-郵政改革、教育バウチャー、規制撤廃など絶対自由主義の政策の意味を説いた名著-
とある。

1962年に出版された内容と思えない。
高橋洋一の解説に現在の経済問題を論じているかのような錯覚に陥った。とある。

本当にオチイッタ

50年近くも前にかかれた本が、今も先進的で示唆に富んでいる事実は感動的ですらある。

誰彼かまわずコレを読んでくれと吹聴したい。

だれも相手にしやせんけど・・・。weep

|

« なっそ | トップページ | 点前-てんせん- »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/41670075

この記事へのトラックバック一覧です: 資本主義と自由-ミルトン・フリードマン:

« なっそ | トップページ | 点前-てんせん- »