« 伊藤正徳 | トップページ | おもちゃの缶詰 »

2008年6月14日 (土)

中国の大盗賊・完全版

080614_tozoku著者(高島俊男さん)は中国文学者。

週刊文春の辛口コラムはいつ読んでも楽しい。

高島御大は、

歴代中国の皇帝は、大盗賊に他ならない。

と仰る。

社会主義経済モデルが破綻する中、中華人民共和国が経済開放主義を取り入れつつ発展しているのは、毛沢東こそ、大盗賊の系譜に繋がる大皇帝であり、成功しているのは共産主義ではなく、中華人民帝国だから。と喝破する。

執筆当初は編集者の意向でかなりトーンダウンして発表されたモノを、オリジナルそのままで復刻した完全版。

決して中国人民に対して否定的な論調でなく、あくまで現在の中国の社会システムに対する批判であって、むしろ中国の人々や、その歴史に対して愛情があふれている。

お隣にある悠久の大国、その本質とソコに住む人々について、少〜し解ったような気がする。

|

« 伊藤正徳 | トップページ | おもちゃの缶詰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/41529461

この記事へのトラックバック一覧です: 中国の大盗賊・完全版:

« 伊藤正徳 | トップページ | おもちゃの缶詰 »