« 打ち立て麺 | トップページ | 居残り »

2008年4月14日 (月)

ランプ

県都松山から放送大学の生徒さんご一行46名のガイド。
生徒さんといっても年配の方々。

そのうちのお一人と、旧白石和太郎洋館(明治30年代建築と推定)の照明器具の話となった。
創建当時はもちろん電気の供給がないので、ランプだったと思う。
ガスが使用されたと想像する向きもあるが、危険でもあるし、ソレより手軽なランプやロウソクが屋内灯として使用されたと思う。

特に、洋館なのでその造りからランプが主だったように思う。

話がかみ合わない。
東京育ちと仰る彼女(僕よりは年配と思う)は、アルコールランプをイメージして話を聞いていたらしい。
灯火用のランプの説明をしたが通じてないようだった。

照明ランプと聞いて、アルコールランプしか頭に浮かばない年配者がいらっしゃるとは思わなかった。

ついでに、

江戸時代の照明は行灯が主で、燃料は油であったこと、加えて、漁村では、より安価な魚油(イワシなどから採った)が使用されていた事を話すととてもびっくりした様子だった。

本当にびっくりした顔だった。

|

« 打ち立て麺 | トップページ | 居残り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/40874416

この記事へのトラックバック一覧です: ランプ:

« 打ち立て麺 | トップページ | 居残り »