« 枢密院議長の日記 | トップページ | 鱧&鯛 »

2008年1月 3日 (木)

カラヤンとフルトヴェングラー

080102_kfベルリンフィルと、世界の音楽会にに君臨したフルトヴェングラー。その後継者カラヤン、フルトヴェングラーの後継者の座から滑り落ち、カラヤンに記録上抹殺されたチェルビダッケ。
3人の強烈な個性、嫉妬、確執、陰謀。ちょっとしたサスペンスが展開し、ヘタな小説よりも興味深い。
それにしても、芸術家というのはとてつもなく毒気の多い種族とあきれながらも感心した1冊。

|

« 枢密院議長の日記 | トップページ | 鱧&鯛 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/17562359

この記事へのトラックバック一覧です: カラヤンとフルトヴェングラー:

« 枢密院議長の日記 | トップページ | 鱧&鯛 »