« 旧白石和太郎洋館修復2 | トップページ | 昭和史探索 »

2007年3月18日 (日)

王様と私

0703118_hbクラシック音楽に興味の無い人でもパバロッティの名前は聞いたことがあるでしょう。
本人の才能はモチロンのこと、彼がココまで有名になったのには彼の敏腕マネージャー”ハーバート・ブレイン”を抜きにして語ることはできない。と、当のマネジャーご本人が書いた本。
パバロッティに都合の良いトコ、悪いトコ、全部実名で登場する。
天才に関わる事の困難さが桁外れのスケールで語られる。
才能に恵まれない我が身の幸福をほとほと実感する。
こんな本を書かれる人とはモチロンのこと、書くことができる人とも関わり合いになりたくない。
そんな心配はする必要もないが・・・。

|

« 旧白石和太郎洋館修復2 | トップページ | 昭和史探索 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/14299960

この記事へのトラックバック一覧です: 王様と私:

« 旧白石和太郎洋館修復2 | トップページ | 昭和史探索 »