« マルブンダイニングキッチン | トップページ | 司 »

2007年2月 2日 (金)

地球温暖化?

070202_02今年最初の積雪。とはいうものの、気温が高めのため昨年のように何日も雪が残ることはなさそう。
19世紀頃から世界的に温暖化傾向が続いているのは間違いないらしい。
人類が温度計を発明したのは諸説あるけど、Wikipediaによればどうも17世紀末。それよりさかのぼることは無理らしい。今のような正確なものが使用され始めたのはやっと18世紀初頭といったところか。
それ以前の気温については、繁殖してる動植物の種類やら、どこそこが凍ったとかいう記録を総合して判断するしかない。日本では縄文時代が結構暖かくて、年間平均気温は2度ほど高く、それから寒くなりだして、江戸時代の終わり頃が底で、それからまた気温が上昇傾向にある。らしい。
45億年前の地球誕生以来(今のところの定説)の時間で言えば、これらはほんの瞬き以下の期間でしかない。

この瞬く間の気温上昇が、人類の所行に由来するものか、地球規模での環境の移り変わりに過ぎないのかどうか、実のところ実証されてない。らしい。

  1. 二酸化炭素は、温室効果がある。かつて地球大気は高濃度の二酸化炭素を含んでいた。
  2. 光合成を行う生物が誕生し、大気中の二酸化炭素濃度が低下し、生物の繁栄をもたらした。
  3. 二酸化炭素を閉じこめた化石燃料(石油・石炭・etc)を19世紀以降人類は爆発的に燃焼させ大気中に排出している。
  4. よって、19世紀以降特に20世紀になっての温暖化は人類の活動が主因と推定できる。

という程度なのだそうである。養老孟司先生によれば、地球大気の容積なんか、今の技術では測定できっこないものらしい。先生は物理学者ではないので、先生の勘違いかも知れないが、養老先生の勘違いであれば仕方ない。
もちろん、実証されてないからといって、森林破壊や、化石燃料の消費を今のまま続けて良いとは思わない。やっぱり、温暖化の一番の元凶は人類でした。と分かったときにはアトの祭りと言うこともあり得るので、やはり真面目に取り組むべきと思う。
一方、”あるある大事典”的結末もあるんじゃないかと、不謹慎ながら思うこともある。そうなった場合、人類の所行なんぞ蟷螂の斧ということになってしまう。

やたらこういう事を悲観的に受け止めるヤツが近くに居る。
今、温暖化対策をしないと人類の未来はないと、真剣に語ってくれる。
でも、夏はエアコンをギンギンにしないと汗をかいてしまう体質や、冬、酔っぱらってこたつをつけたまましょっちゅう眠ったりする生活態度などはいっこうに改まる気配はない

|

« マルブンダイニングキッチン | トップページ | 司 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/13769829

この記事へのトラックバック一覧です: 地球温暖化?:

« マルブンダイニングキッチン | トップページ | 司 »