« ローマ人の物語15 | トップページ | イルミネーション撤去 »

2007年1月 7日 (日)

日本史

070107_gekokujyo趣味は?と、問われれば「日本史」と答える。

日本の歴史シリーズ「下克上の時代」再々読。

何も考えず、読むとは無しに本を手に取る時は、日本史関係に手が伸びる。

室町時代は、庶民階級のダイナミズムが横溢し、現代に連なる日本のカタチが形成された時代。

権力が下に移り、中世的な荘園経営が、戦国大名による近代領主制に移行していくなかで、国人と呼ばれる在地領主の様子が生き生きと伝わってくる。

なかでも、興味深かったのはある女性の手紙。

荘園管理代官としてに、京から下向してきた「祐清」という人物が、領地の横領を画策する国人の陰謀により殺害される。

その殺害された人物の身辺の世話をしていたのが、現地管理人の親族で手紙の主「たまがき」さん。

手紙の内容は、遺品整理の報告と、形見の品物を乞う切々とした慕情があふれ、その悲嘆ぶりが生々しい。

|

« ローマ人の物語15 | トップページ | イルミネーション撤去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/13363058

この記事へのトラックバック一覧です: 日本史:

« ローマ人の物語15 | トップページ | イルミネーション撤去 »