« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月21日 (火)

なぜか

061121_sasimarengaからみレンガについての案内板。

設置者が保内まちなみ倶楽部か誰だったか、とにかく壊れたようなそうでないような・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

”みなと”のちゃんぽん二種

061119_champonオーソドックスな”ちゃんぽん”

以前は超薄味でなんとも物足りない感じがしたが、”しっかり”味がつきだした。

そして”ちゃんたま”(ちゃんぽん卵入り)。半熟卵がのかっている。
061119_chamtama これだけで、豪華な気分になる。

ちなみに、当地では結構汁物に卵を”おとす”。うどんはもちろん、味噌汁なんぞにも”おとす”。

あまりよそでは見かけない独自?の文化の一つ、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

ちゃんぽん

061118_morimoriらーめん もりもりの新メニュー。

ちゃんぽん

野菜とキノコたっぷり、ボリュームのある650円

試作品よりはまろやかになった。地元メーカーの醤油を使ったとのこと。是非お試しを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

リフォーム

061113_kira 登録文化財に指定された石垣の向かい、明治から続く酒屋さんの前。

文化財の隣近所にふさわしい外観を。

という施主の意向で、リフォームされた外観。

どのくらい余分に経費がかかったのか、さほどではないことを祈る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

コンサートの余韻

061113_hiroko 大黒摩季デヴユー15周年記念コンサート。

余韻に浸るM.H嬢

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

パズル・パレス

061109ppダヴィンチ・コードの作者ダン・ブラウンのデビュー作。上下巻を二日で読了。

舞台は何かと話題になった米国の諜報機関の一つNSA(国家安全保障局)

2転3転するスピード感あふれる展開は息もつかせない。

緻密な描写はフィクションと、ノンフィクションの境目区別がつかないくらい。

作品の評価とは別に、ちょっと気になったのが、
作中での日本に関する記述。

本作では、日本人や日系人二人が重要人物として、タンカドさんと、ヌマタカさんという珍名さんが登場する。

日本に関する設定も「そんなヤツおらんやろ〜」的な感じ。

訳者あと書きに、「明らかな誤解に基づく日本に関する記述は何カ所か訂正した。」とあるので、日本人からすればもっと珍妙な記述があったことが想像できる。

マイケル・クラントンの「ライジング・サン」にもにたような記述があった。

ディティールの細部にこだわったリアルな小説だけに、少々興ざめの部分が無くはない。

ま、米国人の日本に対する認識はこの程度ということか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

初級システムアドミニストレータ

初級システムアドミニストレータ試験に「むつみや君」晴れて合格。

旧通産省の国家試験として始まった制度で、システムを利用する側にとって必要なスキルを求められる試験。

そう難しいモンではないが、進展著しいIT関連の試験なので、受験するたびに新しい傾向の問題が出る。そのあたりちょっとやっかいな部分もある。

受験資格は特にない。年二回春と秋に試験がある。各10万人弱が受験して、合格率は30%弱。
ちょっとした企業での評価では、資格手当月額5,000円~10,000円といったところらしい。

  • アンタが通ったら僕も勉強しょうワイ。

と、彼が言ったのがたしか2年前。真剣に受験したのが昨年秋。自信があったらしいが、見事不合格。それで闘志に火がついたらしく、3回目の挑戦でパスした。

今回はできが悪かったのであきらめてたらしい。(受験してないと、ウソをついていた)

彼が、ちょっとでもオモテ街道を歩く気になったのが何よりも喜ばしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 7日 (火)

青年部主催「レクバレー大会」

申込・お問い合せは0894-36-0519
保内町商工会 安藤まで。

2006

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

講演会

Fujita

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »