« 久々に | トップページ | エエトコ »

2006年9月16日 (土)

文化財修復

昨年、ひょんな事から秋祭りの山車に乗せる人形の修復をした。
戦前のなかなか良いモノなので、費用の捻出には頭を痛めた。幸い、ダメモトで申請した国の補助金制度を利用でき、見事に仕上がった。

申請の流れは

  1. 申請
  2. 審査・交付決定通知
  3. 修復
  4. 報告書作成、交付申請
  5. 補助金交付

となる。交付申請から、実際の補助金交付までほぼ2ヶ月かかった。

この交付申請の際、市の文化振興課nちゃんから、請求書でなく、領収書を添付するように連絡があった。

愛媛県からの指導という。

???お金がないから、補助金の申請をしたのに、領収書がないと補助金交付できないといわれた。何度問い合わせても必ず領収書添付をと、県の担当官から返事が返ってくる。申請書には、現在の事業予算も明記してあるから、金がないのは承知のはずだが、請求書ではダメと言われた。

問い合わせを変えてもう一度きいてみるよう市にお願いした。

小さな地区の法人格もない団体なので、立て替える予算も無く、団体としての借金もできず、他に良い知恵も浮かびません。

そのような状況でも、領収書を入手できる方策をご存じと拝察いたします。是非ともご指導をお願いします。

と。

結局、交付申請は請求書でOK、決済後速やかに領収書を提出することで決着した。本人ははっきり言わないが、の担当者が、かなりねばった結果らしい。

今年度、市内の他地区が同様の申請をしたという。
ここの役員さんは皆まじめな方々で、資金借り入れの検討をなさっているとか。昨年度の体験談をお話した。

でも、全国では無理矢理借金しとるトコもあるに違いない。不正な使用を防ぐためとは思うが、何か変な運用方法。

|

« 久々に | トップページ | エエトコ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/11918478

この記事へのトラックバック一覧です: 文化財修復:

« 久々に | トップページ | エエトコ »