« Moto君 | トップページ | TV取材同行 »

2006年8月26日 (土)

異形の王権

060826_oken著者(網野善彦)は、日本中世史に光を当てた人。

均一な農耕文化を中心とする日本の中世史観に一石を投じ、中世史研究に大きな影響を与えた。

中世日本の中心的存在は百姓だけではなく、商業、興業、遊芸など多様な人々が存在するダイナミックな社会であった事を実証した。

真言立川流に傾倒した後醍醐天皇の特異性は突出している。教科書などによく載る後醍醐の肖像画は、手に密教の法具である金剛杵を持つ。これが異形そのもの。

|

« Moto君 | トップページ | TV取材同行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/11615836

この記事へのトラックバック一覧です: 異形の王権:

« Moto君 | トップページ | TV取材同行 »