« 学習会 | トップページ | 北斗の拳 »

2006年6月24日 (土)

ユダの福音書を追え

060624_judah3〜4世紀のパピルス写本が1970年代に発見され、その真価が不明なままこの本がたどった、30年余にわたる数奇な運命のドキュメント。

現代に伝わる新約聖書にない、異端として排斥された初期キリスト教の数ある福音書の中で、も最もショッキングなユダの福音書
この福音書によれば、イエスが磔刑にかかったのはユダの裏切りの通報のせいではなかった。

イエスは磔刑にかかることにより、永遠の存在になる必要があった。それを実行するために、最も信頼の厚い「ユダ」に通報をなさしめた事になっている。

記述内容の重要さと、この写本が本当に3〜4世紀に書かれたものであるという考古学的価値とが相まってよりスリリングなドラマが展開する。

|

« 学習会 | トップページ | 北斗の拳 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/10659345

この記事へのトラックバック一覧です: ユダの福音書を追え:

« 学習会 | トップページ | 北斗の拳 »