« 白洲次郎 | トップページ | 表彰 »

2006年5月31日 (水)

散るぞ悲しき

060529_tiruzo本の表題は、玉砕(全滅)した硫黄島総指揮官「栗林忠道」中将の辞世

国の為 重きつとめを果たし得で
矢弾尽き果て 散るぞ悲しき

からとられた。

今年度大宅壮一ノンフィクション大賞受賞作。この本は栗林忠道という個性に焦点が当てられる。硫黄島に赴任以降、彼はこまめに奥さんやまだ幼い末のお嬢さん”たこちゃん(たか子)”に手紙を書く。

”たこちゃん”の夢を見て目が覚めましたとか、台所のすきま風を直さずに出征したのが心残りで、その修理方法を図解入りで指示したりとか。とにかく、慈愛あふれる手紙が多い。

彼は旧制中学-陸軍士官学校-陸軍大学校と進んだエリート。陸軍大学校の卒業席次は二番だったが、主流派(陸軍幼年学校出身者)の留学先が主にドイツであるのに対し、彼は米国に留学、武官としても米国駐在が長く、また、冷静で柔軟な合理主義者でもあった。

かつ、優しい夫であり父でもある彼が、太平洋戦争中行われた陸上戦闘で、唯一米軍の死傷者が日本軍のそれを上回った激戦を演じる事となる。それも大戦中期以降、装備、補給もままならず、応召兵を中心とした精鋭とは言い難い部隊を率いての戦闘で。

彼が硫黄島に赴任したのは昭和19年6月。ひと月前の5月29日にアッツ島守備隊が玉砕、赴任直後の6月24日は絶対国防圏の一角サイパン島失陥。米軍の本格反攻に圧倒されつつある中で、硫黄島は捨て石となる運命であった。結局その麾下二万守備隊の目的は、一日でも戦闘を長引かせ、米軍に出血を強いるということにつきる事になる。勝ち目はなく、補給、援助は望むべくもない。

そんな過酷な戦闘の中で、慈愛あふれる手紙を書いた栗林忠道という個人の人間性が浮き彫りにされる。

大本営宛決別電報に先の辞世が打電するが、新聞発表で結語を「散るぞ口惜し」と改ざんされてしまう。硫黄島守備隊の奮闘は、その戦訓を行かす方向ではなく、アッツ島、硫黄島に続けと「一億玉砕」「一億総特攻」の空虚なスローガンが声高に叫ばれるようになっていく。

米軍の本格的反攻にされされ戦術的ミスを重ねる統帥部をはっきりと批判し、従容としてその任に殉じた一司令官の物語である。

短絡的な反戦平和など叫ばない、真に平和の尊さを考えさせられる良書と思う。

|

« 白洲次郎 | トップページ | 表彰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/10299054

この記事へのトラックバック一覧です: 散るぞ悲しき:

« 白洲次郎 | トップページ | 表彰 »