« 外交官の仕事 | トップページ | 間一髪^^; »

2006年2月26日 (日)

日土小学校の事

hiduti01 松村正恒さん設計の小学校。DOCOMOMO100選に選ばれた建物。平たく云えば、世界自慢する日本の近代建築を100選んだうちの1つという事。
たしか当初は20で、のち追加して100になったと記憶。で、日土小学校はその15番で選択に際しほとんど異論はなかったと側聞した。

DOCOMOMO(ドコモモ)とは、正式名称をThe Documentation and Conservation of buildings, sites and neighborhoods of the Modern Movementといい、モダン・ムーブメント(近代運動)やその理論的基盤であるモダニズム(近代主義)に歴史的価値を認めそれに関わる建物や資料を保存する意義を訴えることを目的とする国際組織です。
http://www.docomomojapan.com/index_jp.html

数年前、見学会に参加した。
老朽化が進み、学校当局者にとっては何かとご苦労が多いらしいが、素人ながら、簡単に解体立て替えに決するにはもったいないと素直に思う。

balcony02 校舎背面に位置する川に面したバルコニーは、そのスジには大変有名らしい。川にせり出しているためホントは違法建築らしいが、教育環境の必要性から松村さんが押し切って法的根拠が曖昧なまま(と、云うか違法を承知で?)作ってしまったものらしい。balcony01当日は盛夏であったため、川風が特に心地よかった。

校舎内部は明るく、採光とともに風通しをよくする工夫が随所にあり、見学会が夏の盛りであった事も手伝ってか、爽快な開放感に浸る。

hiduti09 見通しの良い空間デザインの理由は、採光性安全性の要求を満たすものとか。子供はとにかく”無闇に走り回る”から廊下、階段など特に見通しをよくして、子供たちの”出会い頭”衝突事故防ぐための工夫と聞いて一種感動(O_O)を覚えた。

教育に関する研究をベースとした周到な設計思想に触れれば触れるほど、門外漢ながら素直に感嘆せずには居られない。

明日27日「第3回日土小再生検討委員会」が開催され、解体新築か保存改修かの大まかな決定が下されるとか。

二宮忠八よりは松村正恒の方が国際的評価は定着していると思うがどんなもんぢゃろう?

|

« 外交官の仕事 | トップページ | 間一髪^^; »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/8842040

この記事へのトラックバック一覧です: 日土小学校の事:

« 外交官の仕事 | トップページ | 間一髪^^; »