« 金比羅神社 | トップページ | らくちゃん落語会 »

2005年12月 1日 (木)

龍譚寺/兵頭画伯画

051201ryoutannjiりょうたんじ」と読む。
臨済宗妙心寺派(京都)の古刹。寺内には「水掛石」など創建当時(約400年前)の伝説を物語るものも残されている。本山妙心寺法堂には狩野探幽(1602~1674)の手になる「雲龍図」がある。それにちなんでか龍譚寺にも、探幽にはかなうべくもないがナカナカ立派な雲龍図がある。

ちなみに、「龍」は呉音で「りょう」、漢音で「りゅう」と発音する。漢字が日本に伝来した時期や、そのルートにより同じ文字でも異なる発音が伝わり現在に至った。

坂本龍馬は「りょうま」と発音するのは周知の通り。西郷隆盛の書いた手紙に「良馬」とあり、当時の発音が「りょうま」であったことはマチガイナイ。

|

« 金比羅神社 | トップページ | らくちゃん落語会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/141855/7409864

この記事へのトラックバック一覧です: 龍譚寺/兵頭画伯画:

« 金比羅神社 | トップページ | らくちゃん落語会 »